失敗しない脱毛 綺麗な脱毛への近道を教えます!

綺麗に脱毛

毛について

毛の基礎知識

更新日:

体毛が濃い、毛が多いと悩む人はたくさんいます。そもそも体毛とはなぜ生えるのでしょうか?

スポンサーリンク

体毛の役割

皮膚の保護

体毛は何かにぶつかったときに、その衝撃や摩擦から身を守るという働きをしてくれます。サルから進化したばかりの人類は、まだ全身が体毛に覆われていました。しかし進化をするにつれ、人類は知恵をつけ、衣服を身にまとうようになりました。そのため、外界からの刺激や衝撃を直接受けなくなり、体毛は退化して薄くなっていったのです。

しかし、まだ残っている体毛にはそれなりの役割を担っています。

たとえば髪の毛は外界の衝撃や紫外線から身を守る役割をしています。また眉毛は汗やほこりが目に入るのを防ぎます。鼻毛は空気中のゴミやチリを吸い込まないためのフィルターの役割と、呼吸をするときに空気を温めて体内に取り入れる働きもしています。
そして陰毛は生殖器官を守り、脇毛は汗を発散させる働きと皮膚の摩擦から保護する役割をしています。

触覚機能

体毛は「感覚器官」としての働きもしています。

何かが皮膚に直接触れる前に体毛に触れることで微妙な感触をキャッチしてくれます。 この体毛の触覚機能は人類の進化の過程で、かなり退化してしまいました。
人間の体毛で、触覚機能が最も残っているのが髪の毛でしょう。頭を撫でられる、髪の毛をかきあげるなどした時、無感覚ではありまえんよね?

体温の維持

人間の体には「ホメオスタシス」といって、体温を一定に保っておくシステムが備わっています。体毛はそもそも、この体温の維持に欠かせないものであり、それが体毛の第一の役割でした。しかし人類の進化により、衣服を身につけはじめたことによって、この役目は不要となってきました。

性的特徴・ファッション性

体毛は「機能」ばかりの役割ではなく、その人のイメージを決定づけるという要素を持ち合わせています。

ワキ毛やヒゲなどは思春期になると産毛から剛毛へと変化していきますが、これらの体毛は男女の性的特徴を示すものです。
ヒゲや胸毛などは男性の性的特徴のひとつで、それによって男性か女性かの判断をします。
また髪の毛もその人のアイデンティティを判断する材料になっています。

毛の構造

体毛は皮膚が変化したもので、人間の体毛の数は約500万本あるといわれています。そのうち目に見えている毛は130万本~140万本で、体毛の約3分の2が皮膚の中にあります。

体毛には皮膚の外に出ている部分を毛幹といい、皮膚の中に埋まっている部分を毛根と言います。また毛根を皮膚の中で包んでいる部分を毛包もしくは毛嚢といいます。

 

毛幹:一般的に体毛と呼ばれている部分。
毛根:皮膚内部にある毛組織全体のこと。
毛球:球状にふくらんでいる毛根の最下部。
毛乳頭:毛母細胞に栄養分を送る働きをします
毛母細胞:体毛の元となる部分。脱毛の施術では 毛乳頭や毛母細胞を破壊します。
毛包:毛根全体を取り巻いている組織。

日本医学脱毛協会

 

毛の周期

毛には「毛周期」と呼ぱれる生えかわりのサイクルが あります。

毛周期

  1. 毛母細胞が分裂を始めると、皮膚の下のほうで新しいけが伸び始めます。そして毛細血管から栄養を取 り込みながら伸び、皮膚の表面に出てきます。この時期が成長期です。
  2. その後、毛母細胞の分裂が止まって退行期に入ると、毛乳頭と毛の結合が緩んで毛が上へ押し上げられます。
  3. さらに、休止期に入ると毛と毛乳頭が完全に離れて自然に抜け落ちます。

 

毛周期は生えて いる部位によって少しずつ異なります。
身体の中で最も毛周期が長いのは頭髪です。3~4年問で生えかわります。
一方、最も毛周期が短いのが眉毛です。3~4カ月で生えかわります。

 

スポンサーリンク

 

-毛について
-,

Copyright© 綺麗に脱毛 , 2020 All Rights Reserved.