失敗しない脱毛 綺麗な脱毛への近道を教えます!

綺麗に脱毛

エステ脱毛 脱毛の失敗例

エステ脱毛・サロン脱毛の失敗

更新日:

「医療脱毛」「エステ脱毛・サロン脱毛」の世界で働いていると、脱毛の失敗例を見た事があります。そしてそれは少なくありません。

脱毛をお考えの方でしたら、誰でも失敗したくないと思いますよね。それは当然のことです。
脱毛の失敗を回避するためにも、実際にあった脱毛の失敗を知っておいて損はありません。
損どころか、あらかじめ実際にあった脱毛の失敗を知っておけば、脱毛の失敗を回避するための方法が分かります。

エステ脱毛・サロン脱毛の失敗例

2か月に1回通い、5回照射済み。約10か月をエステ脱毛・サロン脱毛に費やしたが脱毛の効果が感じられない。

 

医療脱毛は熱が強いいため火傷になりやすいと知って、エステ脱毛・サロン脱毛を選びました。が、火傷をしてしまいました。火傷の治療費は負担して貰えることになりましたが、治療を始めて半年が経ちますが、まだ火傷の跡が残っています。

 

エステ脱毛・サロン脱毛は出力が弱いぶんお肌に優しいと聞いて、エステ脱毛・サロン脱毛を選びました。脱毛を始めて約1年たちますが、脱毛効果が感じられないどころか、皮膚が乾燥と炎症でボロボロになってしまいました。

 

最初に説明された料金プランでは全く終わらず、追加料金が結構かかりました。結局、医療脱毛とあまり変わらないお値段に…それなのに仕上がりは満足できるレベルではありませんでした。

 

 

「エステ脱毛・サロン脱毛」でこれらの悩みを抱えた方は少なくありません…それどころか多いと言っても過言ではありません。

私がエステ脱毛で働いていた時は『効果がない』『当初の紹介された料金プランじゃ終わらない』『火傷した』というクレームが多かったのを覚えています。

 

エステ脱毛・サロン脱毛で働いていた私の失敗例

『効果がない』『当初の紹介された料金プランじゃ終わらない』『火傷した』というクレームの処理の毎日に、私はエステ脱毛・サロン脱毛の世界が嫌になりました。

そんな頃に、私のワキに異変が起きました…

エステ脱毛・サロン脱毛で働いているスタッフ達は練習でお互いの体を貸し合います。脱毛機の打つ練習をするのです。
だいたいワキで練習するのですが、そのワキが火傷をしてしまったのです…

エステ脱毛・サロン脱毛は熱が弱い分、火傷はしないと教えられていましたし、何よりお客様でなく、自分自身が火傷をしたことにショックでした…
この事ががきっかけで、私はエステ脱毛・サロン脱毛の世界から去る事を決めたのです。

 

エステ脱毛・サロン脱毛で火傷・炎症をする原因

私の様に「エステ脱毛・サロン脱毛」で火傷や炎症をする原因は2つ考えられます。

エステ脱毛・サロン脱毛で火傷・炎症をする原因

  1. 光照射ヘッドの押し付けすぎ
  2. 規定以上の出力で処理

 

1. 光照射ヘッドの押し付けすぎ

スタッフの技術不足により起こります。

エステ脱毛・サロン脱毛はお値段を安く設定しているぶん、脱毛の回数、お客様の数で利益をだしていかなければなりません。質より量の世界なのです。
そのためスタッフを一流に育てる暇がありません。最低限のトレーニングの後にすぐにお客様の施術にあたります。

この様に技術不足のスタッフがお客様の施術につくことになるのです。

そのため、脱毛機の光照射ヘッドをお肌に押し付けすぎてしまい、火傷や炎症を引き起こしてしまいます。

2. 規定以上の出力で処理

効果がない」というクレームを防ぐため、高い効果を得ようとして脱毛機器の出力を強めることによって起こります。

お客様のお肌の状況や毛の状況によって、出力の調整はとっても重要で、そして1番難しいところでもあります。この調整はたくさんの症例を見て、勉強をした人でないと出来ません。

が、エステ脱毛・サロン脱毛ではこの出力の調整はスタッフに任されています。
基本的には出力が決まっていますが、クレームや口コミによっては脱毛効果を強めるために規定以上の出力で施術をする時もありました。

この様に専門知識のないスタッフによって施術されるため、火傷や炎症を引き起こしてしまうのです。

「エステ脱毛・サロン脱毛」で火傷・炎症をした際のアフターフォロー

「エステ脱毛・サロン脱毛」で火傷・炎症をしてしまった際は、脱毛エステ・脱毛サロンでは火傷・炎症の治療が出来ません

そのため、きちんとした脱毛エステ・脱毛サロンでしたら、まず医療機関を紹介されます。
そしてその治療費について話し合いがもたれます。
きちんとしたエステ・サロンでしたら、治療費は全額負担してくれるはずです。
ただ細かいことを言うと、医療機関までの交通費などについては負担して貰えないところがほとんどです。

ひどい脱毛エステ・脱毛サロンですと、「とりあえず炎症がおさまるまで様子をみましょう」と言われてしまいます。
こうやって様子をみているうちに、どんどんと色素沈着をしてしまい、治りにくくなってしまうのです。

怖いですよね…

この様なエステ・サロンは少ないとは思いますが実在するのは確かです。

 

2014年の日本医学脱毛学会の学術集会ではこの様な事例が報告されています。

(動画元:YouTube)

これは現実であり、事実です。「エステ脱毛・サロン脱毛」は安くて、痛くなく、通いやすいとは思いますが、この様なことも起こり得ることも知っておいて下さい。

上記の動画の症例くらいに色素沈着をしてしまうと、完璧に綺麗にするのは医療機関でもかなり困難だと思います。ただ薄くはなります。それには年単位の時間がかかることを覚えておいて下さい。

 

自宅脱毛という選択肢

なおエステ脱毛やサロン脱毛、また医療レーザー脱毛をして貰いに行くのが面倒くさい、行くのが恥ずかしい、行く勇気がないという方。

しかもVIO脱毛はより恥ずかしい部分ですから、ハードルが高く感じられる方も多いと思います。

そんな方にはご自宅で自分で脱毛してみてはいかがでしょうか?

私は先日、初めて自宅で使う脱毛器を使ってみたのですが、予想以上の効果にビックリしてしまいました。

脱毛器の中でも人気の2種を使って、VIO脱毛の脱毛効果を比較してみたのですが、これまた予想以上の差がでてビックリ!

本当に脱毛効果が高い脱毛器が分かりました。

自宅でも十分にVIO脱毛をする事が出来ますよ!

ご興味のある方は下記のブログをご覧下さい。

VIO脱毛、自宅での脱毛に興味がある方は必見ですよ!

トリアVSケノン Vライン脱毛比較

私は脱毛の世界でもう20年以上働いています。 初めは脱毛サロンで働きました。 サロン名はあかせませんが、全国的に有名な脱 ...

続きを見る

 

 

トリアVSケノン Vライン脱毛比較

私は脱毛の世界でもう20年以上働いています。 初めは脱毛サロンで働きました。 サロン名はあかせませんが、全国的に有名な脱 ...

続きを見る

脱毛したい方必見!クリニックの選び方

「医療脱毛」を受けようと思っている方、一体どこの医療クリニックで受ければいいのだろうと、悩んでる事と思います。 「医療脱 ...

続きを見る

脱毛業界で20年以上働く私のおすすめクリニック

先日は、医療脱毛をする際の医療クリニックの選び方についてお話しをさせて頂きました。 「医療脱毛」の医療クリニックを選ぶ際 ...

続きを見る

結局「エステ脱毛・サロン脱毛」と「医療脱毛」どっちがいいの?

「エステ脱毛・サロン脱毛」と「医療脱毛」どっちがいいのか? これは正直、求めるものによって異なります。 ただ結果から言わ ...

続きを見る

 

 

-エステ脱毛, 脱毛の失敗例
-, ,

Copyright© 綺麗に脱毛 , 2020 All Rights Reserved.